« iRig BlueTurnと接続 | トップページ | aptx対応 »

ケーブル失敗たはは

Macでネットをワイヤレスから有線接続に変更しようと思い、

変換ケーブルを買ったのだが、目的のものではなかったという…
USB-Cからイーサーネットのケーブルが欲しかったんだけど、
THUNDERBOLT2からイーサーネットの変換ケーブルだった(つд⊂)エーン
仕方なく、オーディオインターフェイスのTHUNDERBOLT変換ケーブルを使い、
USB-C→Thunderbolt2メス→Thunderbolt2オス→イーサーネットという
なんとも不恰好な感じに
繋がりはしたので良かったのだが・・・
で、仕方なく、Logicの音は内臓出力からになってしまった
こんな時間なのでイヤホン挿して、シンセ弾いてたら
ふと思うことが・・・
オーディオインターフェイスと、内臓出力って同時に出せるのか?と疑問が
検索したら、出来るそうでやり方も書いてあったので、その通りにしてみた
AUDIO MIDI設定
オーディオ装置で、+の追加で複数出力を追加し、
オーディオインターフェイスと、内臓出力を両方チェックしたら、
どちらからも音が出ました!
ヘッドホンとイヤホンを片方耳につけてなんとなく弾いてみましたが、
遅延は感じられなかった
それならば、air podsというのがあることを思い出し、
複数出力にBluetoothで繋いだ機器を追加できるのか?
設定や接続はできたにしても、
はたまた、air podsとのレイテンシは発生しないのか?
気になるところです
大きなレイテンシがなく実用に耐えられるレベルだったら
これは導入を検討しようかと
演奏して自分の音が聞こえないことが度々あるので、
モニターに頼らずに普段通りの環境であれば、落ち着けると思うし
アップルのサポートに相談してみようか?な

« iRig BlueTurnと接続 | トップページ | aptx対応 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518622/65617614

この記事へのトラックバック一覧です: ケーブル失敗たはは:

« iRig BlueTurnと接続 | トップページ | aptx対応 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ