« オーディオインターフェイスをチェンジ | トップページ | USB-C⇒イーサーネットで 2.7msに »

サンプリングレート96kHzの変更できた

色々調べて

漸く、サンプリングレートの変更ができた
うーん
あってるかどうか? 不安ですが・・・
20170813_15025
普通、こういうのを変更するときは、
大きな順というか・・・
システム設定⇒機材の設定⇒ソフトの設定⇒ファイルの設定
こういう流れでやっていくものと思っていたんだが、
Logic Pro X起動させて、
設定⇒オーディオ⇒右下の録音の設定⇒オーディオのところにありました
サンプルレートを 96kHzに変更
すると、機材のサンプルレートが自動的に、96kHzに切り替わっていました
ソフトの設定が最優先されることに驚きました
AUDIO MIDI設定から設定変更をするものだとばっかり思っていましたが・・・
それと、レイテンシは昨日、6.3msだったと思うけど、
今日は、3.7msとさらに遅延が短くなっていました
お気に入りのプラグインシンセ
デモ版?だからか、めっちゃ重い
CPUメーターの最右がほとんどトップまでメーターが上がりっぱなし
音色切り替えボタン連打しただけで、Logic落ちてしまった
シンプルなのに、存在感のある音にメロメロ
シリーズのぽりふぉにっく版が発売間近のようですし・・・
EWIの音源にするなら、別段ぽりふぉにっくである必要はないけど・・・
いろいろ調べると、α版だけでなく、製品版も極悪の負荷のようです
安定していて、変な挙動はないそうですが・・・
メモリ32GBで極悪っていうのだから・・・
それでも使用するなら、VEP6とかを考えないといけないのか・・・
とりあえず、黒金まで待つことに(゚m゚*)
今日は、サンプルレートの変更ができてよかったヽ(´▽`)/

« オーディオインターフェイスをチェンジ | トップページ | USB-C⇒イーサーネットで 2.7msに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518622/65657177

この記事へのトラックバック一覧です: サンプリングレート96kHzの変更できた:

« オーディオインターフェイスをチェンジ | トップページ | USB-C⇒イーサーネットで 2.7msに »