« T.UTUさんの歌データをダウンロードしてみた | トップページ | うんこ漢字ドリル »

GET WILDオケ作り

手持ちのMIDIデータにGET WILDの打ち込みがあったので、

読み込んで、音色とエフェクトをセットして

ダウンロードした宇都宮さんのボーカル素材をセット

打ち込みデータのテンポは130

たしか自分で打ち込んだ時もそうだったように記憶していたが、

ボーカル素材が微妙にズレていくので、

テンポ132でセット

素材には1コーラス分しかないので、

2番はそのままコピペ

転調してからのところは、ボーカル素材もトランスポーズで+1にセット

一応できたので、懐かしくもあり、キーボードパートを演奏してみようと

動画を検索すると、

素晴らしい動画に遭遇

女性が1人で2台のキーボードで手弾きで、GET WILD をここまで演るかの再現されているのがあって、

一緒に演奏して見た

上段の61鍵のキーボードで6つの音色をスプリットさせ、

しかもストリングスはキーアサインを変えているようで…

爆発音や、ベル音もアサインするとはスゴイ

AメロのD Eのところをアルペジェーターでやってるので、

Bメロの16分のシーケンスパターンも同じようにするかと思ったら、

ここはそのまま演奏されています

とってもよくわかりますし、見事な演奏に脱帽しました

当時は、DX7IIFDでスプリットして、

上段は、クラビネットとBメロのシーケンス

下段は、M1でシンセピアノとコードパッドのスプリットの音色でやっていた

久々に弾くと、イントロからAメロのクラビネットの16連打が途中で、

ついていけず、もたってしまう(´∀`)

懐かしさと嬉しさでテンションあがったので、

良いイメージが広がればいいな〜とー😀

« T.UTUさんの歌データをダウンロードしてみた | トップページ | うんこ漢字ドリル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518622/65366203

この記事へのトラックバック一覧です: GET WILDオケ作り:

« T.UTUさんの歌データをダウンロードしてみた | トップページ | うんこ漢字ドリル »