« JAM VOXⅢ エフェクター設定 | トップページ | NOTION 6 素晴らしい😄 »

JAM VOⅢ エフェクター設定 その2

整理していたら、

当時のJAM VOXのエフェクター設定のファイルがたくさん出てきた
JVGファイル
そのままでは読み込めないので
JAM VOXをPCにインストール
起動させてみて、GXTの画面を表示に思わず
懐かしい~
これホントよくできてる
メトロノームがあって、ドラムパターンがジャンルごとのテンポ別に
プリセットされているので選べば簡単にリズムに合わせて演奏が始められる
楽曲のインポートは、WAV、MP3問わずそのまま受け入れてくれるので
ストレスフリー
録音、録画機能まであるので、ぷちレコーディングも手っ取り早い
あーただ、当時はレイテンシーが結構あって、
これに悩んでたなー
しばらくするとノイズが入って、バッファサイズを再設定したり・・・
1台のPCでEWIでVST音源を使って、エフェクターをJAM VOXのを使って、
楽曲を再生させながら、レコーディングする
当時はホントにびっくり・感動モノでしたね
SHARPのX1ターボで、FM音源ボードで自分で打ち込みした曲が、
自動演奏できた時の感動くらいだろうか・・・
DTMってすごい進化してるのだと
そして、PCにオーディオインターフェイスとJAM VOXを購入し、フリーのMINI HOSTで、
設定するだけで、高度な知識などなくても、簡単にユーザーレベルでできるようになっていたとは・・・
XPのPCで、メモリがたしか1GBか2GBでよくやっていたものだと思う
1
2
ただ、リバーブまで直列につないでいたり、
GAINを最後に持ってきてるあたりは、
なんもわからずにやっていたのだろう

« JAM VOXⅢ エフェクター設定 | トップページ | NOTION 6 素晴らしい😄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518622/64518416

この記事へのトラックバック一覧です: JAM VOⅢ エフェクター設定 その2:

« JAM VOXⅢ エフェクター設定 | トップページ | NOTION 6 素晴らしい😄 »