« 木村の汗がヤバイ | トップページ | 高校野球 横浜vs東北 »

迫田リオちゃんがリオオリンピックで大活躍に期待

2セット目 石井が泣いてた

レシーブが取れず、ミスが多発、サーブも入らず…

肝心なアタックも

ここでヘコタレてどうする

こんな時どうするか?がオリンピックで問われる

眞鍋監督が石井を交代させないのは、

技術の差ではないと判断してるからだろう

そして、今回のチームは守りより攻撃を重視したチームだからこそ

石井が選ばれたと思う

ウイングスパイカーとしての力を買われたのだから、

はやく自分を取り戻して、石井の良さを発揮して欲しい

メンタルだと思う

韓国から馬鹿にされ、観客から声援以外も聞こえたかも知れない

次の試合もサーブで狙われるだろう

金メダルはなくなった

眞鍋監督も五輪後辞意を表明すると思う

2セット目に椅子に座ってる監督は意外だった

松岡さんはつなぐということを力説されていたが、

そもそもこのチームは守備より攻撃なので???

よく繋いでたと言っても、ロンドンの時に比べると、全然拾えてなかったとおもう

拾えないなら、なぜルーティンをやらないんだろうか?と

唯一、木村がやってただけ

ロンドンの時は、レシーブに課題がある木村はもちろんやってたが、

リベロの佐野、新鍋も相手のサーブ前には必ずと言っていいほどやってた

あの木村でもルーティンの大事さは良くわかってる

大山さんのコメント読んだけど…本質は伏せてるように思った

自分的には、木村が調子悪かった

たぶん大会までに熱が下がらなかった、指も治ってないのかもしれない

攻撃にミドルを使わなかった、使えるボールがセッターに返らなかった、返すだけのボールになった

サーブで崩せなかった

幾ら攻撃の選手層を厚くしても、拾えなければ打てないし、

拾えたボールが打てないボールでスパイカーにトスが上がっても

フェイントしかできないなら、相手にダメージを与える攻撃にはできない

同じAブロックのロシア、ブラジルに勝つためには、メンバーを変えられない以上は、

攻撃の布陣で固めて、サーブで攻めて、とにかく拾って、一辺倒にならない攻撃と、

返すだけにならない決められるフェイント、撃ち抜くスパイクではなく、ブロックアウトを取るスパイクでしか勝機はない

アナリスト渡辺さんのデータ分析はでてると思うので、初戦の敗因の科学的分析を行い、今後の戦略で勝利を掴んで欲しい

なんで迫田さおりさんは、スターティングメンバーじゃなかったのか?

リオちゃんって呼ばれてるんだから、リオオリンピックに相性は良いはずでしょう‼️

ユニフォームの名前をRIOに変えるとかして、強運の持ち主の力を発揮して欲しい

そして木村の左足は大丈夫なのか?

« 木村の汗がヤバイ | トップページ | 高校野球 横浜vs東北 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518622/64024241

この記事へのトラックバック一覧です: 迫田リオちゃんがリオオリンピックで大活躍に期待:

« 木村の汗がヤバイ | トップページ | 高校野球 横浜vs東北 »